お役立ちコラム

1級管工事施工管理技士の難易度を解説!合格率と心がけるべき勉強法

2022.08.31

快適な日常生活を送るうえで水道やガス、空調設備のチェックは欠かせません。
これらの確認を行う資格が「管工事施工管理技士」です。

ここでは、よりプロフェッショナルな資格である「1級管工事施工管理技士」を紹介します。

1級管工事施工管理技士の難易度を解説!合格率と心がけるべき勉強法

1級管工事施工管理技士は誰でも受けられるの?

資格試験を受ける際には、「受験資格」を必ず確認しなければなりません。
当然、1級管工事施工管理技士にもいくつもの要件が定められています。

そのため、必ずしも誰もが受けられるわけではありません。

以下では、受験資格についての具体的な内容を紹介します。

幅広い人が受験できるよう作られている

1級管工事施工管理技士には受験資格が存在するものの、比較的幅広い方が受験できます。

 

● 大学卒業者かつ実務経験者(指定学科卒業後3年以上、それ以外卒業後4年半以上)
● 短期大学卒業者かつ実務経験者(指定学科卒業後5年以上、それ以外卒業後7年半以上)
● 技能検定合格者かつ10年以上の実務経験者
● 2級合格者大学卒業者かつ実務経験者(指定学科卒業後3年以上、それ以外卒業後4年半以上)

 

1級管工事施工管理技士を取得するために、2級管工事施工管理技士の資格は必ずしも取得する必要はありません。

合格するために押さえておきたい試験内容

1級管工事施工管理技士にかかわらず、資格試験に合格するには内容の把握が重要です。
問題の傾向がわからなければ、対策案をうまく編み出せません。

ここでは、1級管工事施工管理技士を受験予定の方に向けて一通り内容を紹介します。

試験は大きく分けて2日にわたって実施される

1級管工事施工管理技士の試験は、大きく分けて以下の2種類があります。

 

● マークシート形式の「第一次検定」
● 論述式の「第二次検定」

 

まずは、四肢択一の第一次検定の突破を目指しましょう。
第二次検定に進める方は、第一次検定の合格者のみです。
双方に合格して、はじめて1級管工事施工管理技士の資格を取得できます。

 

試験に受かるためには、各種類に応じた戦略が必要不可欠です。
それぞれをさらに深掘りしつつ、どういった対策が必要か説明しましょう。

午前と午後で幅広いジャンルの問題を解く「第一次検定」

第一次検定は、午前の部と午後の部に分かれて試験を実施します。
午前の部で出題される内容は、「管工事施工管理技士」の基礎知識(原論)です。
電気工学や建築など幅広く問われるため、しっかりと範囲を押さえておきましょう。

 

午後の部では、法規が問題として出されます。
基本的に四肢択一形式であるものの、2つマークする設問も用意されています。
試験時間は午前の部で2時間30分、午後の部で2時間です。
見直しする余裕はありますが、時間配分には気をつけてください。

論理的思考力を駆使して文章作成する「第二次検定」

第二次検定は6問ある設問から、4問のみ選んで解答します(必須解答の設問もある)。
論文試験であるため、自ら考えて文章を作成しなければなりません。

 

また、試験時間は2時間45分です。
制限時間内に書き終えるためにも、入念に対策しておきましょう。

論述試験のコツは、問われている内容に合うような文章作成です。
いくら知識を豊富に詰め込んでも、解答の方向性が誤っていたら正答には結びつきません。

1級管工事施工管理技士試験の難易度と平均的な受験者数

1級管工事施工管理技士について知るためには、正確な難易度を把握する努力も大切です。
受験者数は毎年1万5,000人〜1万8,000人程度います。
令和2年は受験した人数が例年と比べて減少したものの、令和3年には再び2,000人程度上昇しました。

第一次検定は令和に入り合格率が大幅に下がっている

1級管工事施工管理技士の第一次検定は、令和3年で合格率が大幅に減少します。
令和元年の試験の合格率は50%を超えていました。
しかし、令和2年は35%と令和3年には24%と次第に下がります。

 

難易度が大幅に増加した背景として試験内容の変更が挙げられます。
これまでは「第一次検定」が「学科試験」、「第二次検定」が「実地試験」という名称の試験でした。
出題内容が変わり、対策が難しくなったと考えられています。

第二次検定は年々合格率が上がっている

第二次検定については、年々合格率が上昇しています。
令和元年は51%と約半数しか合格者がいなかったものの、令和3年には73%と20%以上も数値が上がりました。
しっかりと対策すれば、ある程度の人数は合格できる試験です。

 

合格率が上がった背景には、少なからず第一次検定が難しくなった影響もあります。
最終的な合格者の人数を減らしすぎないようにするため、第二次検定の難易度を調整したと考えられます。

1級管工事施工管理技士はどう攻略するべきか?

全体的に難易度の上がっている1級管工事施工管理技士に合格するためには、試験問題をしっかりと把握しなければなりません。
ここでは、第一次検定と第二次検定に分けて攻略法を説明します。
試験突破へ向けて参考材料にしてください。

問題の傾向を知り簡単な内容から順番に押さえる

1級管工事施工管理技士にかかわらず、試験合格を目指すには「問題の傾向」を知る努力が必要不可欠です。
市販で売られている過去問を購入し、毎年どのような問題が出るか押さえましょう。

もし、分からない問題が出ても長時間考え込んではいけません。
ある程度考えても解けなかったら、迷わず解答を確認します。

 

特に第一次検定はマークシート形式であるため、似たような問題が数多く出題されるでしょう。

重要な問題を押さえ、効率的な勉強が大切です。
加えて、第二次検定では論述試験が出題されます。

 

答えを自ら作らなければならないため、第三者の客観的な評価を参考に対策しなければなりません。
文章を添削してもらえるプロの手を借りながら試験突破を目指しましょう。

まとめ

この記事では、1級管工事施工管理技士の概要について紹介しました。
マークシートや論述試験の2つを突破するには、効率的かつ正しい努力が必要です。

 

特に令和3年は試験の難易度が高くなり、令和4年以降も続く恐れがあります。
周りの受験生と差をつけるためにも、スキマ時間を使いつつコツコツと勉強しましょう。

関連記事

2級管工事施工管理技士の勉強方法とは?どれぐらい勉強すればいい?

2級管工事施工管理技士の勉強方法とは?どれぐらい勉強すればいい?

管工事の施工管理を行えるのが管工事施工管理技士であり、管工事施工管理技士には1級と2級があります。 2級管工事施工管理技士を取得したら、営業所や現場での専任技……

配管工のやりがいって何?働く前に知って欲しい仕事内容や魅力を解説 【目次】 1. 配管工ってどんな仕事をするの? 2. 配管工のやりがいはどの部分? 3. 配管工はどんな人に向いている職業? 4. まとめ|配管工はやりがいのある仕事! 配管工という仕事ですが「具体的にどんな作業をするのか知らない」という人は多いでしょう。 名前の通り、さまざまな配管を設置したり修理したりするのが、配管工の主な作業内容です。 配管は表に見えない部分でもあるので「どんな部分にやりがいを感じるの?」と疑問に感じるかもしれません。 そこで今回は、配管工として働く前に知っておきたい、仕事内容・やりがい・魅力、どんな人に向いているのかなどについて、詳しく解説します。 配管工ってどんな仕事をするの? 配管工は、水道管やガス管などを設置・修理する仕事だけではありません。 例えば、次の作業も行っています。 ・空調設備の配管 ・衛生設備の配管 ・冷凍や冷蔵設備の配管 ・医療用ガスの配管 ・防災設備の配管(スプリンクラーなど) ・工場設備の配管(プラント配管) ・配管の詰まり解消など 配管は気体や液体などを流すために必要不可欠な道具で、少しでも配管に不備があると重大な事故を引き起こしてしまいます。 配管はどの建物にも共通した説明書があるのではなく、建物や環境に合わせて配管を曲げたり土を掘って埋めたりと、それぞれ作業や設計図が違います。 中でもプラント配管は、人体に影響を与える薬品が配管を流れることもあるため、高い知識と技術力、経験が求められます。 配管工のやりがいはどの部分? 配管は目立った場所に設置しないため、作業に対するやりがいがあるのか疑問を抱える人は多いでしょう。 他の職業に比べると目立つ作業ではないかもしれませんが、実際に働いてみるとさまざまな部分にやりがいや魅力を感じます。 技術力によって結果が変わること 配管工は今起こっているトラブルを改善するだけではなく、この先何年、何十年と使用できる環境の整備を求められます。 そのため、知識や技術力が未熟だと、短期間でトラブルが発生する可能性も。 一般的に配管は土や壁の中などに隠れることが多く、丁寧な作業にこだわらなくてもいいのではと思う人も多いでしょう。 しかし、配管は水やガスなどを安全に供給する大切なライフライン作業です。 いい加減な仕事をすると生活にさまざまな悪影響を与えるため、手を抜いた作業はできません。 もちろん、手抜き作業をすると多くの人達に迷惑をかけてしまいますし、業務評価や信用度が下がります。 他の業種に比べると「影の仕事」のイメージが強いのですが、自分が携わったところが何年先もトラブルのない状態を維持できていると、大きなやりがいを感じるでしょう。 お客様から求められること 配管工は、家庭や企業などさまざまな部分で必要不可欠な職業です。 例えば、「蛇口をひねると水が出る」や「スイッチひとつでガスが使える」という当たり前のことができないと、多くの人たちは生活に困ってしまいます。 水やガスなどが漏れると大変なことになりますが、修理は専門職である配管工にしか頼れません。 困った時に頼りになる存在として感謝される仕事をしていると、充実した日々を過ごせるでしょう。 経験したことのない達成感が得られる 配管工事は1箇所でもミスがあると大きな事故につながってしまうため、危険と隣り合わせの仕事といっても過言ではありません。 また、配管は環境に合わせた設計を求められるため、複雑で難易度の高い作業もあります。 しかし、その分、終えた時は経験したことのない達成感が得られるでしょう。 現場によっては1日で作業は終わりますが、工場やビルといった広い場所は、数日かけて難しい作業を行うこともあります。 何日もかけて取り組んだ作業が終わった時は、この上ない達成感を感じるでしょう。 学歴や職歴は関係ない 配管工は学歴や職歴、経験は関係ありません。 ただし、1人の配管工として任せられるようになるには、下積み経験が必要です。 どんなに高学歴や大手企業に務めていた過去があっても、求められるのは知識と技術力です。 そのため、どんな環境の立場であれスタートは一緒なので、立派な配管工になるまで誰でも挑戦できる環境は、魅力とやりがいのひとつでしょう。 配管工はどんな人に向いている職業? 配管工は学歴や職歴に関係のない職業のため、「やりたい!」という気持ちがあれば誰でもできます。 ただし、気持ちだけではなく、知識と技術力を求められるケースも多いため、仕事をする前にどんな人が向いてる職業なのか、チェックしておきましょう。 ・体力に自信がある人 ・協調性のある人 ・人の意見をしっかりと聞ける人 ・コツコツと地道な作業が好きな人 ・手抜き作業をしない人 配管工として作業を任される人も、下積み時代があってのことです。 水道やガスの取り扱いは危険な作業でもあるため、先輩や現場の意見を聞き、仲間と一緒にサポートし合わなくてはいけません。 また、土木作業もあるので夏場は暑く冬は寒いため、一定の体力が必要です。 初めは先輩のサポートですが、次第に1人で作業を任されたり設計や管理をお願いされたりと、昇進も夢ではありません。 体力に自信がある人やコツコツと丁寧に作業するのが好きな人は、配管工に向いているといえるでしょう。 まとめ|配管工はやりがいのある仕事! 配管工は技術力を求められる職業なので、作業が終わると心に表せないようなやりがいを実感できるでしょう。 また、自分の知識と技術力は形として残るため、一生モノです。 また、お客様からの感謝が次のやりがいの活力になります。 協立工業では、給排水衛生設備工事を中心とした配管工事を実施しています。 配管工に興味がある方は、ぜひお問い合わせください。 ■参考サイト https://careergarden.jp/haikankou/yarigai/ https://job-zukan.jp/plumber/2180/ https://hyouseisougyo.com/what-is-the-rewarding-and-attractiveness-of-a-plumbers-job https://kktecno.com/column/haikan-yousetsu/283 https://inotech620.jp/blog/news/112449 https://www.t-g-s2019.com/%E9%85%8D%E7%AE%A1%E5%B7%A5%E3%81%AE%E9%AD%85%E5%8A%9B%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/ https://realestate.yahoo.co.jp/knowledge/chiebukuro/detail/12190983687/

配管工のやりがいって何?働く前に知って欲しい仕事内容や魅力を解説

配管工という仕事ですが「具体的にどんな作業をするのか知らない」という人は多いでしょう。 名前の通り、さまざまな配管を設置したり修理したりするのが、配管工の主な……

誘導灯の工事に資格は必要?特徴や種類などを詳しくチェック!

誘導灯の工事に資格は必要?特徴や種類などを詳しくチェック!

「誘導灯って何?」「誘導灯の設置には資格が必要なの?」などの疑問を抱えている方も少なくないと思います。 誘導灯とは、火災などの非常時に、非常口や避難経路を知ら……

給排水設備工事のいろはについて!工事内容やタイミングを解説

給排水設備工事のいろはについて!工事内容やタイミングを解説

あなたは「給排水設備工事」のことを詳しく知っていますか。 配管工事の一種ですから、配管工の仕事をしたことがない人には聞きなじみのない言葉かもしれません。 し……