お役立ちコラム

機械科に行くなら目指したい職業・業界5選について解説!

2024.05.09

機械科は、機械工学や機械系の知識を身につけ、幅広い職業や業界で活躍するための基盤を築く学問です。
この記事では、機械科に行くなら目指したい職業や業界について解説します。

機械科の魅力や就職先、年収などを解説するので、自身のキャリアプランを考える一助としてください。

機械科に行くなら目指したい職業・業界5選について解説!

機械科とは?

まずは機械科について解説します。

機械工学科のこと

機械工学科は、機械や機械システムに関する基礎的な知識や技術を学ぶ学問領域です。
機械の設計、製造、制御、保全などに関する幅広い分野をカバーしています。

機械科の学生は、機械の仕組みや動作原理を理解し、実践的な技術を習得していきます。

機械工学科の強み

機械工学科の強みは、幅広い産業分野で活躍できることです。
機械技術は製造業や建設業、情報通信業などさまざまな業界で必要とされており、機械工学科の知識やスキルを活かせるフィールドは多岐に渡ります。

 

また、機械工学科では実践的な技術を身につけるための実験や実習が重視されており、即戦力としての力も身に付けることができます。

機械科に行くと目指せる職業や業界

機械科に行くと、さまざまな職業や業界を目指すことができます。
製造業や建設業、情報通信業などが代表的な就職先として挙げられます。
製造業では、エスペックやSCREENホールディングス、ヤマハ発動機などの企業が人気です。

建設業では、きんでんや住友電設、大気社などが知られています。

機械科に行くなら目指したい人気職業5選

機械科からの就職先でもメジャーな人気職業を4つ紹介します。

 

機械設計エンジニア
製品の設計や開発に携わる重要な役割を果たします。
顧客のニーズや要件を分析し、それに基づいて製品の設計を行うことが仕事です。

 

機械設計エンジニアは、CAD(コンピュータ支援設計)ソフトウェアを使用して設計を行い、製品の機能や性能、安全性、耐久性などを考慮しながら最適な設計を実現します。

 

生産技術者
製造プロセスの改善や効率化に取り組む役割を担います。
生産ラインの設計や改善、生産設備の導入や改修などを行い、生産性の向上やコスト削減を目指します。

また、品質管理や品質向上のための取り組みも行い、製品の品質を確保します。

 

メカトロニクスエンジニア
機械工学と電子工学、制御工学などの知識を融合させたシステムの開発に携わります。
機械部品と電子部品を組み合わせて制御システムを設計し、自動車やロボット、産業機器などの機械の自動化や制御を実現します。

 

自動車技術者
自動車の設計や開発に関わる重要な役割を担います。

 

自動車技術者は、エンジンやトランスミッション、サスペンションなどの機械部品の設計や開発に携わるほか、車両全体の設計や組み立て工程の改善なども行います。

より安全で快適な自動車が開発され、社会に貢献します。

 

建設業
建設業の分野はこの半世紀で高度化しており、機械系との境目が小さくなっています。
機械設計などで身に着けたソフトや設計の技術は建設業に応用でき、また需要も増えている分野です。

機械系の職業や業界における年収はどれくらい?

機械系の職業や業界における年収は、様々ですが、一般的には高い水準にあります。

 

機械設計の平均年収は450万~550万円程度であり、製造業や建設業などでのキャリアパスによってはさらに高額な年収を得ることも可能です。

自動車業界や電機メーカーなどの大手企業では、年収が600万円以上になることも珍しくありません。

機械科系の職業や業界に行く場合の対策

専門知識や技術力を身につける

機械科系の職業や業界に進むためには、専門知識や技術力を身につけることが不可欠です。
まず、大学や専門学校での学業成績を重視される傾向がありますので、しっかりと勉強をして専門知識を習得することが重要です。

機械工学やメカトロニクスなどの分野における基礎的な知識や技術を習得することは、将来のキャリアにとって非常に役立ちます。

実務経験やインターンシップ

実務経験やインターンシップなどの経験も就職活動において大きなアドバンテージとなります。
企業での実務経験を積むことで、業界や職業に関する実践的な知識やスキルを身につけることができます。

さらに、インターンシップを通じて業界の実情や仕事の内容を理解し、自分のキャリアプランを具体化することも可能です。

コミュニケーション能力を磨く

就職活動においては、専門知識や技術力だけでなく、コミュニケーション能力やチームワークも重要となります。

業界で活躍するためには、他のメンバーとの円滑なコミュニケーションや協力が不可欠ですので、これらの能力も磨いておくことが大切です。

機械科系に行くなら建設業界も視野に

機械化系の職業や業界に進む際には、建設業界も視野に入れることが重要です。
建設業界では機械の導入や施工管理など、機械科の知識や技術を活かす仕事が多く存在します。

 

また、建設業界は将来的な需要も見込めるため、安定したキャリアを築くことができる可能性が高いです。
協立工業株式会社でも、機械科系の人材を募集しています。

以上が機械科に行くなら目指したい職業や業界についての解説です。

関連記事

配管工は女性も活躍できる!女性が活躍するワケと働き方

配管工は女性も活躍できる!女性が活躍するワケと働き方

配管工といえば、男性が働いているイメージが一般的ではないでしょうか。 しかし近年では、女性の技術者も多く見られるようになってきました。 その背景には建築業界……

機械系エンジニアは将来性の高い職業!その理由と年収、仕事内容について解説

機械系エンジニアは将来性の高い職業!その理由と年収、仕事内容について解説

機械系エンジニアは、近年需要が高まっている職業の一つです。 機械設計や開発、製造など幅広い領域で活躍し、私たちの生活を支えてます。   ……

配管工はどんな仕事?なぜ、きついと言われるのか、詳しく解説します。

配管工はどんな仕事?なぜ、きついと言われるのか、詳しく解説します。

配管工の仕事をインターネットで検索すると、「きつい」という言葉がセットで表示されることがあります。 世間的にきついとみなされているせいかもしれませんが、な……

水質を維持する配管と水道管について解説!種類や注意点は?

水質を維持する配管と水道管について解説!種類や注意点は?

水質を維持するためには、適切な配管と水道管が不可欠です。 日常生活において、安全な水の供給は何よりも重要であり、そのためには配管と水道管が水質を保つ役割を果た……