お役立ちコラム

CADオペレーターとは?仕事内容から建築、商品開発へのキャリアパスまで解説

2023.08.28

CADオペレーターは、ものづくりの舞台裏で重要な役割を果たす専門家です。
建築や商品開発など多岐にわたる分野で、コンピュータ支援設計(CAD)を通じて設計図の作成や修正を担当し、デザイナーや設計者をサポートする存在としての価値が高まっています。

 

本記事では、CADとは何か、CADオペレーターの具体的な仕事内容はどのようなものなのか、またCADオペレーターが歩むキャリアパスや将来性について詳しく見ていきます。
本記事を読むことで、CADオペレーターとは何か、どのような仕事内容を持ち、どのようなキャリアパスを歩むことができるのかについて理解を深めることが可能です。

CADオペレーターとは?仕事内容から建築、商品開発へのキャリアパスまで解説

CADとは?コンピュータ支援設計の基本を解説

CAD(Computer Aided Design)は、設計を支援するためのコンピュータツールの略称です。
かつては手書きで行われていた設計図の作成を、コンピュータ上で効率的に行うことができるソフトウェアです。
建築や商品開発の分野で利用され、設計の正確性と効率を向上させる役割を果たしています。

2D CADと3D CADの違い

CADには2D(2次元)と3D(3次元)の2つの主要なタイプがあります。
2D CADは平面図を作成するためのツールであり、主に寸法や形状を表現します。
一方、3D CADは立体的なモデルを作成し、設計対象物の全体像を表現します。
これにより、より詳細な設計や視覚的な表現が可能となります。

主要なCADソフトの種類と特徴

様々なCADソフトが存在し、それぞれの特徴や用途に合わせて選ばれています。
通常、Jw-cad(ジェイダブリューキャド)やAutoCAD(オートキャド)といったツールが使われます。
Jw-cadは日本で開発され、2次元の建築図面を作成できるツールです。

 

AutoCADは2次元の作図だけでなく、3次元まで対応可能で建築や機械、商品を作る以外にも、3D描画ソフトとしてアートで積極的に活用されています。

他にもVectorworks (ベクターワークス)があり、表計算やレンダリングに優れていることが特徴の1つです。

企業によっては独自のCADツールを使用しています。

CADオペレーターの仕事内容とは?

CADオペレーターは、CADソフトを使用して設計図を作成・修正する仕事を担当します。
役割や活動領域について詳しく見てみましょう。

建築分野でのCADオペレーターの役割

建築分野でのCADオペレーターは、建築設計士やデザイナーの指示に基づいて、建物の平面図や立体図を作成します。
設計図面の作成や修正、建築プロジェクトの進行管理などが主な業務です。
また、設計者の意図を正確に理解し、適切な表現を行うことが求められます。

商品開発分野でのCADオペレーターの役割

商品開発分野では、CADオペレーターは製品の設計図を作成し、製造プロセスの支援を行います。
機械や家電、電子部品、家具などの分野で、設計者やエンジニアと連携して製品の詳細設計を行う役割を果たします。
設計図の正確性と製造の効率を高めるため、緻密な作業が求められます。

CADオペレーターと設計者の違い

CADオペレーターは設計図の作成や修正に従事しますが、設計者とは異なる役割を担っています。
設計者は建築や製品の設計を行い、CADオペレーターはその設計図を具体化する役割を果たします。
経験を積んだCADオペレーターは、設計図に対して改善案を提案することもあります。

CADオペレーターのキャリアパスと将来性、BIMオペレーターについて

CADオペレーターとしてのスタート地点から将来のキャリアパスや業界の動向について考えてみましょう。

CADオペレーターの転職市場と求人動向

建設業界での案件増加に伴い、CADオペレーターの求人が増加しています。
特に土木分野では改修工事案件が増加し、転職のチャンスが広がっています。
また、BIM(Building Information Modeling)分野への転職も注目されており、多様なキャリア選択肢があります。

BIMオペレーターへの転換と市場の動向

近年、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)に関する需要が増加しています。
BIMは3Dモデルを基にした設計手法であり、設計者やオペレーターのスキルが求められます。
CADオペレーターからBIMオペレーターへの転換が進む中、そのスキルアップが注目を集めています。

CADオペレーターからのキャリアチェンジの可能性

CADオペレーターとしての経験を活かし、他の分野への転職も視野に入れることができます。
建築から土木分野への転職や、BIM関連のキャリアへのシフトなど、幅広い選択肢があります。
自身のスキルや興味に合わせてキャリアを築くことが可能です。

CADオペレーターの年収はどれくらい?

CADオペレーターの年収の実情について、業界や経験による変動などを考慮しながら解説します。
この職業の収入に関する一般的なパターンやトレンドについても探っていきます。

CADオペレーターの平均年収とは?

CADオペレーターの平均年収は、経験や所属業界によって異なりますが、一般的には300万円から500万円程度が目安とされています。
経験年数やスキルによって、年収が変動することがあります。

CADオペレーターの収入を増やすための方法

CADオペレーターの収入を増やすためには、スキルの向上を図り、専門的な知識や技術を磨くことが重要です。
また、関連する資格を取得することや、幅広い業務に挑戦することで、収入の向上が期待できます。

まとめ:ものづくりの裏で活躍するCADオペレーター

CADオペレーターは、建築や商品開発など多岐にわたる分野で、設計図の作成や修正を通じて重要な役割を果たしています。
正確な設計図を作成するスキルとチームとの協力が求められ、ものづくりの裏側で活躍する存在として価値が高まっています。
将来のキャリアチャンスを探求しながら、成長と発展を続けるCADオペレーターの世界に興味を持ってみましょう。

関連記事

1級管工事施工管理技士の難易度を解説!合格率と心がけるべき勉強法

1級管工事施工管理技士の難易度を解説!合格率と心がけるべき勉強法

快適な日常生活を送るうえで水道やガス、空調設備のチェックは欠かせません。 これらの確認を行う資格が「管工事施工管理技士」です。 ここでは、よりプロフェッ……

配管工に向いている人はどんなタイプ?仕事のやりがいと適任な人5選

配管工に向いている人はどんなタイプ?仕事のやりがいと適任な人5選

「自分が配管工に向いているのか気になる!」 「反対に向いていない人の特徴は?」 そう悩んでいる方も多いでしょう。   そこで今回は配管……

消防設備士に将来性はあるの?資格の種類【甲種と乙種】の違いとは?

消防設備士に将来性はあるの?資格の種類【甲種と乙種】の違いとは?

消防設備士は、消防設備や防災設備の工事、点検、整備をするための国家資格です。 皆さんの中には、消防設備士の仕事に就きたいと考えている方もいるでしょう。 ……

フート弁とは何?逆止弁との違いと、故障時の症状について解説

フート弁とは何?逆止弁との違いと、故障時の症状について解説

工業プロセスや消防設備において、ポンプや消火ポンプの適切な動作を保つためには、さまざまな弁が必要です。 その中でも、フート弁は特に重要な役割を果たします。 ……