お役立ちコラム

建設女子が共感できる!メリット・デメリットあるあるをご紹介

2023.05.25

「建築女子に憧れるけど、どんなメリットがある?」「建築女子って大変そう」
など、疑問に思っている方もいるでしょう。

 

そこで今回は、建築女子のあるあるをメリットとデメリットに分けてご紹介します。
建築女子の仕事内容について知りたい方は、本記事を参考にしてください。

建設女子が共感できる!メリット・デメリットあるあるをご紹介

建築女子あるある!メリット

建築に携わる女子には嬉しいメリットがたくさんあるのも魅力の1つ。
男性が多い建設現場ならではの女子に嬉しいポイントは、以下のとおりです。

小柄で丁寧な女子は重宝される

体格のよい男子の多い建設現場。比べて小柄な女子には、メリットもたくさんあります。

 

・細かい作業ができる
・天井の低い場所や細いすき間で作業ができる

 

丁寧に仕事ができる、慎重に作業できる女子は、信頼されやすいです。
専門スキルを身につければ、より説得力が出ます。
小柄なところが欠点と考えている人でも、自分の特徴を活かし自信を持って仕事ができるでしょう。

建設現場で可愛がられる

建築現場では、さまざまな年齢の方が働いています。
男子が多いため、他の職場よりも女子というだけで可愛がってもらえる可能性が高いです。
現場で仲良くなれば、先輩に可愛がってもらえたり、後輩と親しくなれるなど、仕事に良好に取り組めるでしょう。

特に、建築現場の外から見ると、女子の建築員はとても目立つ存在。

 

現場で楽しく働く様子は、外を歩く人やクライアントから見ても良い現場の印象を与えます。

また、男子の集団に女子がいるだけで雰囲気が和らいだり明るくなったりなど、良い効果も期待できるのです。

重労働の建築現場では癒しになる女子の存在により、本人はもちろん、たくさんの人が「頑張ろう!」と思えるでしょう。

ジム不要!勤務しながらトレーニングできる

建設現場はかなり重労働なため、自然とからだが鍛えられます。
その結果、以下のようにさまざまな健康効果が期待できるでしょう。
期待できるからだへの嬉しい効果は、以下のとおりです。

 

・メリハリのある体型の維持が可能
・運動量多めで食べても太りにくい
・運動不足の解消
・程よい疲れで睡眠の質が良い など

 

建設現場で働けば、自然と健康体になれるでしょう。

また、トレーニングジムに通うには会費がかかります。
建設現場では作業をしながらからだが鍛えられるだけではなく、給料も得られるのが大きなメリット。
健康的なからだづくりをしながら稼ぎたい人にはぴったりの職場です。

嬉しい高収入!勤務先にも困らない

専門知識が必要な建築現場では、スキルの取得で給料のアップが期待できます。
資格が必要ない職種に比べると、資格手当を受けとれるため毎月の給料が上がるでしょう。

 

また、一度取得したら一生使える資格が多いため、転職の際も就職先に困りません。
資格取得者は男女関係なく重宝されるため、年齢を重ねたあとも長く働けるでしょう。

スキル取得は大変ですが、一度頑張れば貯金や旅行、美味しい食事が楽しめるなど嬉しいこともたくさんあります。

建築女子あるある!デメリット

建築で働く女子の多くが体験する、建築女子ならではのデメリットを紹介します。

トイレがない、汚い

建築現場は基本的にトイレが汚くなりやすいです。
常に汗や泥にまみれる環境で働く現場が多いため、トイレが汚れやすく清潔さに欠けます。
山での作業など、現場によってはトイレがない場合もあるでしょう。

 

また場所により、トイレットペーパーがなくなる、手が洗えないなどのトラブルが頻繁に起こる場合も。
ポケットティッシュや消毒液などを持っていると安心です。

トイレ問題が気になる方にとっては、大きなデメリットと言えるでしょう。

着替えに困る

大きい現場では、更衣室が用意されますが、小さな現場では、着替える場所が確保できないケースが考えられます。
建設現場は汚れたり汗のニオイが気になったりなどで、何度も着替えたくなる状況です。
トイレを着替えスペースにし、素早く服を取り換えましょう。
その際は、洋服を足元に落とさないよう注意が必要です。

ヘルメットのサイズが合わない

ヘルメットは、危険な建設現場で頭を守るのに欠かせないアイテムです。
しかし、男性の多い現場では、女性サイズのヘルメットが無い場合もしばしば見られます。

ヘルメットのサイズが合っていないと考えられる欠点は、以下のとおりです。

 

・ヘルメットが大きすぎて動いてしまう
・ヘルメットの紐が緩いため、固定できず不安定
・ヘルメット落ちてくるので、前が見にくい など

 

サイズの合わないヘルメットは作業に集中できなかったり、怪我をした際、頭をきちんと守れなかったりなどを引き起こしかねません。

髪を高めの位置でくくり、ヘルメットと頭を固定するように結ぶと良いでしょう。
また、頭まわりをタオルで巻けば、ヘルメットが固定されるだけでなく汗も吸収してくれます。

日焼けしやすい

建築現場の多くが外での作業です。
そのため、室内で仕事をする職種の人よりも日焼けをする確率は非常に高いと言えます。
作業中はなかなか現場から離れられないため、肌が焼けていると気がついてもすぐには日焼け止めを塗れません。

 

作業前にしっかりと日焼け止めを塗り、ヘルメットの紐や服のあとが付かないよう気をつけましょう。
昼食時間やトイレ休憩の際に、ササッと塗りなおすのもおすすめです。

まとめ

男子の多い建設現場では、場を明るくしてくれる女子は癒しの存在です。
スキルアップで高収入が得られ、毎日がトレーニングとなりからだが鍛えられます。

 

しかし、建設現場ならではの点がデメリットとなる場合も。
工夫を凝らすことで、居心地の良い職場づくりができます。

建築女子のメリットやデメリットについて知りたい方は、本記事を参考にしてください。

関連記事

消防設備士甲1類とは?試験内容と対策を徹底解説

消防設備士甲1類とは?試験内容と対策を徹底解説

消防設備士甲1類は、消防設備の設計や施工、保守に関わる最上位の国家資格です。 この資格を持つ者は、特定の複雑かつ大規模な施設に必要とされる消防設備の専門家とし……

建築業務経理事務士になるには?仕事内容と必要なスキルも解説!

建築業務経理事務士になるには?仕事内容と必要なスキルも解説!

建築業界において、精確な事務処理はプロジェクトの成功を左右します。 その中心となるのが「建築業務経理事務士」ですが、一体どのような資格が必要なのでしょうか? ……

水道はなぜ大切?社会貢献に繋がるその理由とは

水道はなぜ大切?社会貢献に繋がるその理由とは

水道は私たちの日常生活に欠かせないものです。 水道は社会貢献の一翼を担い、私たちの健康や福祉、そして地球環境にも深く関わっています。 本記事では、水道の……

人手不足に悩む業界は多い?女性も安心して働ける取り組み工夫を紹介

人手不足に悩む業界は多い?女性も安心して働ける取り組み工夫を紹介

子育てや介護など制約がある中で「働きたい」と考えている女性も多くいます。   ● 人手不足の業界があるの? ● 条件があっても採用しても……