お役立ちコラム

給水装置工事配管技能者?この資格で出来ることすべて教えます!

2024.05.18

この記事では、給水装置工事配管技能者の資格にはどのようなスキルや知識が必要なのか、そして実際にこの資格を持つことで得られるメリットは何なのか、詳しく解説します!

給水装置工事配管技能者?この資格で出来ることすべて教えます!

給水装置工事配管技能者の資格概要

給水装置工事配管技能者の資格は、建築現場や住宅での水道配管工事を行うために必要な国家資格です。
この資格を保持している者は、水道水の安全な供給に必要な配管を設計し、施工、管理することが許可されています。

 

資格取得には試験に合格する必要があり、試験では、配管工事に関する専門知識や技術が問われます。
給水装置工事配管技能者は建築物の水質を守り、正確な水量を供給するための責任と技術が求められる非常に重要な役割です。

資格取得のメリット

給水装置工事配管技能者の資格を取得することには多くのメリットがあります。
まず、資格を持つことによって、高い専門性を認められ、就職や転職市場で優位に立つことができます。

 

また、公的な認証を受けているため、信頼性が増し、個人事業主として開業する際も信頼して依頼を受けやすくなります。
さらに、最新の水道技術に精通していることが求められるため、常に技術更新の機会があり、長く技能を磨き続けることが可能です。

対象となる者

給水装置工事配管技能者の対象者は、建築業界で水道配管の設計、施工やメンテナンスを行う者です。
具体的には、建築工事会社や設備工事会社の従業員だけでなく、独立して開業を目指す個人もこの資格を取得している例が多く見られます。
また、技術職へのステップアップを図りたい方や、専門学校で学んだ後、実務経験を積みながら資格取得を目指す学生も多くいます。

試験の概要と合格基準

給水装置工事配管技能者試験は、筆記試験と実技試験の二部構成になっています。
筆記試験では、水道法規や配管材料の知識、施工技術に関する問題が出題され、実技試験では、実際の配管作業を実施し、その技術と速度が評価されます。

 

合格基準は年度によって若干の変動があるものの、一般的には全体の70%以上です。
試験は年に数回実施されており、詳細は各自治体や関連団体のウェブサイトで確認することができます。

試験申込み方法

給水装置工事配管技能者試験の申込みは、主にインターネットを通じて行われます。
試験実施団体のウェブサイトにアクセスし、指定された申込みフォームに必要事項を記入して送信することで申込みが完了します。
また、申込み期間内に必要書類を準備し、指定の方法で提出する必要がありますので、事前にチェックしておくことが重要です。

具体的な業務範囲と技能内容

水道配管工事の基本

給水装置工事配管技能者は、水道配管の基本的な工事から複雑な作業まで幅広く対応します。
基本的な業務は、配管の設計図に従った配管路の設定、適切な配管材料の選定と取り扱い、そして配管の接続や固定などです。
これらの作業を通じて、建築物内のどの部分にも安全で衛生的な水が供給されるようにすることが、この職業の根幹をなしています。

水漏れ修理と対応技術

水漏れは家庭や建築物にとって大きな問題です。
給水装置工事配管技能者は、水漏れの初期対応から完全修理までを担います。
発見された漏れの原因を正確に診断し、最適な修理方法を選択して作業を行います。

 

例えば、配管の破損が原因であれば、その部分の交換や修復が必要です。
緊急性が高い作業であるため、迅速かつ正確な対応が求められる技術です。

新規給水設備の設置作業

新たに建設される建物や、リノベーションを行う際の新規給水設備の設置も給水装置工事配管技能者の重要な業務です。
この過程では、最新の水道技術と設備を用いて、効率的で環境負荷の少ない配管システムを設計・施工します。
具体的には、系统的な計画に基づいた配管実装と、設備間の接続作業が含まれます。

既存設備の改修とメンテナンス

既存の水道設備に対する定期的なメンテナンスや必要に応じた改修作業も、給水装置工事配管技能者の業務範囲に含まれます。
これには、配管の耐久性をチェックし、必要に応じて部分的または全体的な更新を行うことが含まれます。
また、最新の規制に基づいて必要な改修を行うこともあり、継続的な学習が必要です。

非住宅建築物の配管設計と施工

非住宅建築物、例えば商業施設や工場などの大規模施設における水道配管も専門技能を要します。
これらの施設では、高度な水需要と特殊な用途に対応するため、通常の住宅建築とは異なる配管設計が求められます。
給水装置工事配管技能者の仕事は、それらに適したシステムの設計と施工を行い、効率的かつ安全な水供給体制を構築することです。

緊急時の対応と安全管理

地震や洪水など、緊急事態が発生した際にも、給水装置工事配管技能者の役割は非常に重要です。
災害発生時には、迅速に現場に出向き、破損した水道インフラの安全確保と応急復旧を行います。

 

また、安全管理として、作業時の安全対策を徹底し、他の作業員や執筆内容に影響を与えないよう配慮することも求められます。
これにより、どんな状況でも安定した水供給を維持することが可能です。

まとめ:この資格を生かした建設とメンテナンスのプロフェッショナルへ

給水装置工事配管技能者の資格は、水道水の安全と供給の保証に不可欠な専門知識と技術を持つプロフェッショナルを育成します。
この資格を持つことで、建築・設備業界でのキャリアアップが期待できるだけでなく、社会的にも大きな貢献をすることができます。

 

給水設備の設計、施工、保守、そして緊急時の対応まで、幅広い業務を通じて、技能者としての専門性を高め、多くの建築プロジェクトに価値をもたらすことができるでしょう。

関連記事

配管工は女性も活躍できる!女性が活躍するワケと働き方

配管工は女性も活躍できる!女性が活躍するワケと働き方

配管工といえば、男性が働いているイメージが一般的ではないでしょうか。 しかし近年では、女性の技術者も多く見られるようになってきました。 その背景には建築業界……

配管工に向いている人はどんなタイプ?仕事のやりがいと適任な人5選

配管工に向いている人はどんなタイプ?仕事のやりがいと適任な人5選

「自分が配管工に向いているのか気になる!」 「反対に向いていない人の特徴は?」 そう悩んでいる方も多いでしょう。   そこで今回は配管……

建設業では女性の割合が少ない?理由や課題を詳しく解説

建設業では女性の割合が少ない?理由や課題を詳しく解説

女性のなかには、建設業に興味があるという方もいるでしょう。 しかし、割合的に男性が多くなかなか出ていけないのも事実です。 そこで今回は、建設業に女性が少ない……

消防設備士の資格や仕事内容と消防設備の種類まで詳しく解説

消防設備士の資格や仕事内容と消防設備の種類まで詳しく解説

消防設備士という職業をご存じでしょうか?  消防設備士は、火災が発生したときに消火活動を行うときに必要な消火設備や報知設備、避難設備を設置、保守・点検する……