お役立ちコラム

配管工の年収は460万だが、努力によっては1000万以上も!業務内容や年収アップの方法についても解説

2023.11.29

日本の建築や設備に欠かせない配管工の年収について、皆さんはどれくらい知っていますか?
配管工は、建築物や施設における水道管やガス管、空調システムなどの配管を設置し、保守・メンテナンスを行う重要な職業です。

 

この記事では、配管工の年収について詳しく掘り下げ、どのような要因が年収に影響を与えるのか、そして年収を上げる方法についてもご紹介します。

配管工の年収は460万だが、努力によっては1000万以上も!業務内容や年収アップの方法についても解説

配管工とは?

まず、簡単に配管工とはどのような職業か解説します。

配管工とは配管を設置したりメンテナンスする職業

配管工とは、建築物や施設における水道管、ガス管、暖房・冷房の配管などを設置し、保守・メンテナンスを行う職業です。
彼らの仕事は、快適な生活や効率的な業務を支える重要な役割を果たしており、その需要は絶えることがありません。

建築プロジェクトや設備の改修工事において、配管工のスキルと知識は欠かせません。

配管工の労働時間

配管工の労働時間は、現場によって異なりますが、一般的には8時から17時までの勤務が多いです。

8時半から17時半のシフトも一般的ですが、一部の現場では7時に集合することもあります。
作業の性質によっては、日没まで作業を続ける場合もありますが、安全を考慮して日中に作業を終えることが基本です。

 

建設業界では、日曜日やお盆、正月などの休日を取得できる企業も多いため、配管工もこれらの休日を楽しむことができます。
労働時間の安定性や休日取得のポリシーは、多くの人にとって魅力的な要素です。

配管工になる方法

配管工になるためには、特別な学歴や資格は必要ありません。
一般的な方法は、設備工事会社に就職し、見習いとして実務経験を積むことです。
この過程で必要な技術や知識を習得していきます。
実際の現場での経験が、配管工としてのスキルを高める重要な要素となります。

 

また、配管技能士という国家資格を取得することも可能です。
配管技能士は、配管工の基本的な資格で、1~3級が存在します。
3級は学歴や実務経験に制約がなく、比較的簡単に取得できますが、2級や1級はそれぞれの条件を満たす必要があります。
この資格を持つことで、スキルの証明と昇進の機会が広がります。

配管工の年収は460万円

配管工の年収相場は、厚生労働省の調査によると約460万円です。
しかし、年齢や経験によって大きく異なるため、年収には幅があります。

 

20代の配管工の年収は約300万円から350万円程度であり、30代になると約360万円から480万円程度となります。

経験が積み重なるにつれて年収も上昇傾向にあり、キャリアの長い配管工ほど高い年収を得ることができるでしょう。

配管工に向いている人

配管工に向いている人には以下の特徴があります。

 

手先が器用であること
配管工は細かい作業やパイプの接続作業が多いため、手先の器用さが求められます。

 

適応力があること
様々な現場や状況に適応し、問題解決能力が高いことが重要です。

 

責任感が強いこと
配管工の仕事は安全性が重要であり、ミスが許されない場面もあります。
責任感を持って作業できることが求められます。

 

執念深いこと
問題が発生した際に、根気よく解決する姿勢が大切です。

配管工の年収が1000万超えるのはどのような場合?

一般的には配管工の年収は460万円程度ですが、特定の条件を満たす場合には1000万円以上の高収入を得ることも可能です。
以下はその条件のいくつかです。

 

経験とスキルの積み重ね
長年の経験と高度なスキルを持つ配管工は、高額なプロジェクトや特殊な仕事に携わる機会が増え、高収入を実現できます。

 

特殊な分野での専門知識
特定の分野に特化した配管工(例:プラント配管工)は、その専門知識が高く評価され、高額な報酬を得ることができます。

 

独立起業
配管工として独立起業する場合、プロジェクトごとに収入を獲得できるため、収入の上限が開ける可能性があります。

配管工の年収を上げる方法

配管工の年収を上げるためには、以下の方法が考えられます。

 

スキルの向上
新しい技術や設備について学び、スキルを向上させることで、高収入のプロジェクトに参加する機会が増えます。

 

専門分野への挑戦
特定の分野や業界に特化し、専門知識を習得することで、高額な専門家としての地位を築くことができます。

 

独立起業
独立起業を考える場合、プロジェクトごとに報酬を受け取ることができ、収入の幅が広がります。

配管工の年収アップに繋がる資格

配管工の年収アップに繋がる資格として、以下の資格があります。

 

配管技能士
配管工の基本的な資格であり、スキルの証明と昇進に役立ちます。

 

管工事施工管理技士
管工事の管理に関する知識と技術を証明する国家資格で、高いスキルが求められるため高収入の道が開けます。

 

建築設備士
建築設備に関する専門知識を持つ資格で、多方面で活躍できる可能性があります。

配管工は日本の生活を支える大事な職業

配管工は日本の生活を支える重要な職業です。
水道やガス、暖房・冷房などの設備は、私たちの日常生活に欠かせないものであり、配管工の存在なしでは快適な生活が維持できません。

また同時に建築物や施設の設備を構築し、安全かつ効率的な運用をサポートする配管工の仕事は、やりがいのある専門職とも言えるでしょう。

関連記事

管工事の実務経験で管工事施工管理技士になれる?資格取得の条件とは

管工事の実務経験で管工事施工管理技士になれる?資格取得の条件とは

配管工にやりがいを感じているなら、経験を生かしてスキルアップを目指しませんか? 国家資格である管工事施工管理技士は、建設現場には欠かせないため、たくさんの現場……

スプリンクラーの設置費用はどのくらい?補助金制度もチェック!

スプリンクラーの設置費用はどのくらい?補助金制度もチェック!

スプリンクラーと聞くと、農地や野球場などのグランドに散水している装置を思い浮かべる方も多いと思います。 しかし、ここでは火災が起きたときに人の命を守ってくれる……

給排水設備工事に必要な資格「給水装置工事主任技術者」とは?

給排水設備工事に必要な資格「給水装置工事主任技術者」とは?

私たちが生活する上で、欠かせない設備の一つが給排水設備です。 給排水設備は、平たくいえば水道水を供給するため、また汚水やトイレの水などを排水するための設備……

消防設備士乙4とはどんな資格?難度やおすすめの勉強法も紹介

消防設備士乙4とはどんな資格?難度やおすすめの勉強法も紹介

火災警報器やスプリンクラー、消火栓などの消防設備は、設置だけでなく定期的な点検をしなければなりません。 消防設備士は、あらゆる消防設備の工事や点検が行える資格……