お役立ちコラム

誘導灯の工事に資格は必要?特徴や種類などを詳しくチェック!

2022.07.25

「誘導灯って何?」「誘導灯の設置には資格が必要なの?」などの疑問を抱えている方も少なくないと思います。
誘導灯とは、火災などの非常時に、非常口や避難経路を知らせるために各施設内に設置されているガイド灯のことです。

 

本記事では、誘導灯の特徴や種類などを詳しく解説。設置する際の資格についても紹介します。
これを読めば誘導灯がどんなものかよく分かるので、ぜひご覧になってください。

誘導灯の工事に資格は必要?特徴や種類などを詳しくチェック!

誘導灯とは

誘導灯とは、火災や事故などが起きた際に、その場にいた人たちが安全に避難できるように核施設に設置されている照明設備のことです。
誘導灯が正しく設置されていれば、災害時に迷うことなくスムーズに避難することができます。

 

人が多く集まるショッピングセンターや百貨店、映画館、美術館、コンサート会場などさまざまな施設に誘導灯は必要に応じて多数設置されています。
万一のことが起きた際に人の命を守るために、誘導灯の設置は「消防法施行令第26条」や各地方自治体の火災予防条例などによって義務付けられています。

誘導灯の寿命

誘導灯を正しく設置しても、それがしっかり作動していないと意味がありません。
照明器具である誘導灯にはバッテリーが内蔵されていて、器具自体にもバッテリーにも寿命があるため、必要に応じてメンテナンスや交換を実施しなければいけません。

 

誘導灯は、内蔵されているバッテリーにより、停電時でも20分以上、建物によっては60分以上点灯し続けるようになっています。
バッテリーの寿命は4~6年程度で、この期間を過ぎてしまうと規定の時間誘導灯を点灯させられなくなる恐れが出てしまうのです。
器具の寿命はおよそ8~10年で、この期間を過ぎると視認性が低下したり故障したりする可能性が高まります。

誘導灯の種類

誘導灯には、「避難口誘導灯」「通路誘導灯」「客席誘導灯」「階段通路誘導灯」の4種類があります。

避難口誘導灯は、地色が緑色で、白色の矢印で避難出口の場所を示している誘導灯です。
通路誘導灯は、地色が白色で、緑色の矢印で避難出口のある方向を指しています。避難口誘導灯と通路誘導灯には人型のピクトグラムが描かれているのが特徴です。

 

客席誘導灯は、客席のある映画館などの劇場施設で、足元を常時照らすための誘導灯で、人型や矢印などの表示はありません。
ただし、映画館などで灯が営業に支障をきたす場合は、上映中に限り消灯させることが許されています。

階段通路誘導灯は、階段や傾斜路に設置されている誘導灯です。
客席誘導灯と同じく、人型や矢印などの表示はありません。

 

また、避難口誘導灯と通路誘導灯には、一般型、点滅式誘導灯、誘導音付加型誘導灯の3種類が用意されています。
誘導灯の設置が義務付けられているほとんどの施設には一般型が採用されています。

点滅式誘導灯には、矢印による表示以外に、点滅機能が付加されていて、照明の明るさが可変する内照式、ストロボフラッシュでより明るく点滅する外照式の2つの種類が用意されています。

 

いずれも、点滅することにより、一般型より目立つようになっているのが特徴で、不特定多数の人が出入りする施設では点滅誘導灯の設置が義務付けられています。

誘導音付加型誘導灯は、その名前の通りに音声機能が備わっていて、ホテルなどで設置が義務付けられています。

 

誘導音付加型誘導灯からは、「非常口はこちらです」という音声ガイドが繰り返し流れ、音もかなり大きいため、理想的な誘導方法です。

そのことから、大型の誘導灯の設置が義務付けられている施設においても、誘導音付加型誘導灯を用いることにより、ワンランク下の規格でも良いとされています。

誘導灯のリニューアルプレートとは

誘導灯のリニューアルプレートとは、既存の古い誘導灯から新しいタイプのものに交換する際に利用されるカバーのことです。
従来型の誘導灯には蛍光灯が使用されていましたが、新しいタイプにはLEDが採用されています。

LED誘導灯は、蛍光灯タイプよりも輝度が高いことから、器具自体の面積も少なくて済むようになっています。

 

さらに、従来型よりも省エネで寿命も長くなるなどの理由から、新しいタイプに交換する施設が増えています。

大きなものから小さなものへ交換すると、どうしてもいろいろな跡が残ってしまいますが、リニューアルプレートはそれをしっかりカバーしてくれるのです。
さらに、新しいコンパクトなLED誘導灯をスムーズに設置できるようになっています。

誘導灯の設置には資格が必要

誘導灯の設置には電気工事士の資格が必要で、リニューアルプレートを使用して既存の誘導灯を交換する際には、消防設備士の資格も必要となります。
ちなみに、誘導灯のバッテリーやランプの交換には資格は不要となっています。

 

ただし、誘導灯を設置した後の点検には、消防設備士・消防設備点検資格者の資格が必要で、点検は半年に一度、年に二回実施し、その都度所轄の消防署へ報告する義務があります。

 

この義務を怠ると、罰金の対象になるので注意してください。

協立工業は、スキルを身に付けてキャリアアップできる環境があります。
興味がある方はぜひお問い合わせください。

関連記事

空調設備士(空気調和・衛生工学会設備士)とはどんな資格?

空調設備士(空気調和・衛生工学会設備士)とはどんな資格?

皆さんは、空調設備士(くうちょうせつびし)という資格をご存じでしょうか。 正式名称を「空気調和・衛生工学会設備士」といい、建築設備における資格の一種です。……

消防設備士は需要が高くて年収もいい?就職に有利な資格の種類は?

消防設備士は需要が高くて年収もいい?就職に有利な資格の種類は?

人や社会の役に立つ仕事がしたい、と考えている方におすすめの資格が「消防設備士」です。 消防設備士は、災害予防や被害の拡大を防ぐ「防災」に関わる仕事なので、……

配管工のやりがいって何?働く前に知って欲しい仕事内容や魅力を解説 【目次】 1. 配管工ってどんな仕事をするの? 2. 配管工のやりがいはどの部分? 3. 配管工はどんな人に向いている職業? 4. まとめ|配管工はやりがいのある仕事! 配管工という仕事ですが「具体的にどんな作業をするのか知らない」という人は多いでしょう。 名前の通り、さまざまな配管を設置したり修理したりするのが、配管工の主な作業内容です。 配管は表に見えない部分でもあるので「どんな部分にやりがいを感じるの?」と疑問に感じるかもしれません。 そこで今回は、配管工として働く前に知っておきたい、仕事内容・やりがい・魅力、どんな人に向いているのかなどについて、詳しく解説します。 配管工ってどんな仕事をするの? 配管工は、水道管やガス管などを設置・修理する仕事だけではありません。 例えば、次の作業も行っています。 ・空調設備の配管 ・衛生設備の配管 ・冷凍や冷蔵設備の配管 ・医療用ガスの配管 ・防災設備の配管(スプリンクラーなど) ・工場設備の配管(プラント配管) ・配管の詰まり解消など 配管は気体や液体などを流すために必要不可欠な道具で、少しでも配管に不備があると重大な事故を引き起こしてしまいます。 配管はどの建物にも共通した説明書があるのではなく、建物や環境に合わせて配管を曲げたり土を掘って埋めたりと、それぞれ作業や設計図が違います。 中でもプラント配管は、人体に影響を与える薬品が配管を流れることもあるため、高い知識と技術力、経験が求められます。 配管工のやりがいはどの部分? 配管は目立った場所に設置しないため、作業に対するやりがいがあるのか疑問を抱える人は多いでしょう。 他の職業に比べると目立つ作業ではないかもしれませんが、実際に働いてみるとさまざまな部分にやりがいや魅力を感じます。 技術力によって結果が変わること 配管工は今起こっているトラブルを改善するだけではなく、この先何年、何十年と使用できる環境の整備を求められます。 そのため、知識や技術力が未熟だと、短期間でトラブルが発生する可能性も。 一般的に配管は土や壁の中などに隠れることが多く、丁寧な作業にこだわらなくてもいいのではと思う人も多いでしょう。 しかし、配管は水やガスなどを安全に供給する大切なライフライン作業です。 いい加減な仕事をすると生活にさまざまな悪影響を与えるため、手を抜いた作業はできません。 もちろん、手抜き作業をすると多くの人達に迷惑をかけてしまいますし、業務評価や信用度が下がります。 他の業種に比べると「影の仕事」のイメージが強いのですが、自分が携わったところが何年先もトラブルのない状態を維持できていると、大きなやりがいを感じるでしょう。 お客様から求められること 配管工は、家庭や企業などさまざまな部分で必要不可欠な職業です。 例えば、「蛇口をひねると水が出る」や「スイッチひとつでガスが使える」という当たり前のことができないと、多くの人たちは生活に困ってしまいます。 水やガスなどが漏れると大変なことになりますが、修理は専門職である配管工にしか頼れません。 困った時に頼りになる存在として感謝される仕事をしていると、充実した日々を過ごせるでしょう。 経験したことのない達成感が得られる 配管工事は1箇所でもミスがあると大きな事故につながってしまうため、危険と隣り合わせの仕事といっても過言ではありません。 また、配管は環境に合わせた設計を求められるため、複雑で難易度の高い作業もあります。 しかし、その分、終えた時は経験したことのない達成感が得られるでしょう。 現場によっては1日で作業は終わりますが、工場やビルといった広い場所は、数日かけて難しい作業を行うこともあります。 何日もかけて取り組んだ作業が終わった時は、この上ない達成感を感じるでしょう。 学歴や職歴は関係ない 配管工は学歴や職歴、経験は関係ありません。 ただし、1人の配管工として任せられるようになるには、下積み経験が必要です。 どんなに高学歴や大手企業に務めていた過去があっても、求められるのは知識と技術力です。 そのため、どんな環境の立場であれスタートは一緒なので、立派な配管工になるまで誰でも挑戦できる環境は、魅力とやりがいのひとつでしょう。 配管工はどんな人に向いている職業? 配管工は学歴や職歴に関係のない職業のため、「やりたい!」という気持ちがあれば誰でもできます。 ただし、気持ちだけではなく、知識と技術力を求められるケースも多いため、仕事をする前にどんな人が向いてる職業なのか、チェックしておきましょう。 ・体力に自信がある人 ・協調性のある人 ・人の意見をしっかりと聞ける人 ・コツコツと地道な作業が好きな人 ・手抜き作業をしない人 配管工として作業を任される人も、下積み時代があってのことです。 水道やガスの取り扱いは危険な作業でもあるため、先輩や現場の意見を聞き、仲間と一緒にサポートし合わなくてはいけません。 また、土木作業もあるので夏場は暑く冬は寒いため、一定の体力が必要です。 初めは先輩のサポートですが、次第に1人で作業を任されたり設計や管理をお願いされたりと、昇進も夢ではありません。 体力に自信がある人やコツコツと丁寧に作業するのが好きな人は、配管工に向いているといえるでしょう。 まとめ|配管工はやりがいのある仕事! 配管工は技術力を求められる職業なので、作業が終わると心に表せないようなやりがいを実感できるでしょう。 また、自分の知識と技術力は形として残るため、一生モノです。 また、お客様からの感謝が次のやりがいの活力になります。 協立工業では、給排水衛生設備工事を中心とした配管工事を実施しています。 配管工に興味がある方は、ぜひお問い合わせください。 ■参考サイト https://careergarden.jp/haikankou/yarigai/ https://job-zukan.jp/plumber/2180/ https://hyouseisougyo.com/what-is-the-rewarding-and-attractiveness-of-a-plumbers-job https://kktecno.com/column/haikan-yousetsu/283 https://inotech620.jp/blog/news/112449 https://www.t-g-s2019.com/%E9%85%8D%E7%AE%A1%E5%B7%A5%E3%81%AE%E9%AD%85%E5%8A%9B%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/ https://realestate.yahoo.co.jp/knowledge/chiebukuro/detail/12190983687/

配管工のやりがいって何?働く前に知って欲しい仕事内容や魅力を解説

配管工という仕事ですが「具体的にどんな作業をするのか知らない」という人は多いでしょう。 名前の通り、さまざまな配管を設置したり修理したりするのが、配管工の主な……

消防設備士に将来性はあるの?資格の種類【甲種と乙種】の違いとは?

消防設備士に将来性はあるの?資格の種類【甲種と乙種】の違いとは?

消防設備士は、消防設備や防災設備の工事、点検、整備をするための国家資格です。 皆さんの中には、消防設備士の仕事に就きたいと考えている方もいるでしょう。 ……