お役立ちコラム

配管工の仕事内容とは?配管工の種類や必要な資格まで詳しく解説

2024.02.29

私たちの生活に欠かせない重要なインフラのひとつに配管があります。

配管は水道配管やガス配管など身近な場所で使われているほかに、工場のプラントやビル、商業施設などあらゆる場所に敷設されています。こうした配管の敷設や修繕などを行うのが配管工です。

 

この記事では配管工の仕事内容や配管の種類、配管工に必要な資格など、配管について解説します。

普段あまりなじみのない配管ですが、少しでも配管について興味を持ったときには、この記事の内容を参考にして理解を深めてみてください。

配管工の仕事内容とは?配管工の種類や必要な資格まで詳しく解説

配管工の仕事内容

配管工は各工事現場で配管の敷設や組み立てを担当します。
配管の各部品をつなぎ合わせて必要な個所に取り付けます。
単に組み立てを行うだけではありません。

 

配管がうまく組み合わせられないとき、または配管を折り曲げる必要があるときには配管に加工を施す必要があります。

そのため、配管工には技術や経験、資格が求められます。
さらに力仕事ともなるため体力が必要です。配管を取り扱う際には細かな作業も発生するため、繊細さも持ち合わせなければなりません。

 

配管工事は大きく2種類の工事に分かれます。

1つめの工事は配管の新設、2つめの工事は既設配管の修繕やメンテナンスです。
このほかにも、解体工事の際には配管の撤去も行わなければなりません。

 

このように、配管工はさまざまな仕事を担当し、多くのスキルを必要とする職種です。

配管の種類

配管にはさまざまな種類があります。

 

たとえば、戸建て住宅の給排水用の配管やガス配管、あるいはビルや大型商業施設の空調設備用配管、さらには大型プラントの配管など、用途や設備によって使用される配管はさまざまです。

そのため、配管工の仕事内容も対象とする配管によって少しずつ変わります。

 

おもな種類は以下のとおりです。

 

・水道配管
・ガス配管
・空調配管
・プラント配管
・防災設備配管

 

それぞれの配管について解説します。

水道配管

水道配管は給水用、排水用に使われる配管です。
たとえば、台所や風呂、水洗トイレなど、給水配管はあらゆる場所で必要とされます。
あるいは生活排水やトイレの排水など、排水配管も生活の中では欠かせません。

 

水道配管の場合、パイプの切断、床下・壁裏への取り付け、接合などを行います。
ポリ管やVP管、鋼管など、さまざまな種類の配管を使用するため、切断時には塩ビ管カッターや鋼鉄用カッターなど複数のパイプカッターを使用します。

接合部分は水漏れしないようにジョイントでしっかりと接合するなど、水道管の配管は確かな経験とスキルが求められる作業です。

ガス配管

家庭用の配管で水道配管とともに重要なものがガス配管です。
ガス配管はおもに台所に対して行われる配管工事で、水道配管とは違い鉄製の配管を敷設します。
そのため、配管の切断は鋼鉄切断用のカッターを使用します。

 

さらに、場合によっては配管を曲げたりすることも必要です。

地中に埋設されたガス配管の敷設や交換の場合、舗装道路を掘り起こさなければなりません。

 

小型ショベルカーを使いつつ、ガス管を傷つけないように手作業で丁寧に掘り起こします。
このときには、細かな部分に注意しながら進めます。

空調配管

空調用の配管にはエアコン用の配管のほか、大型空調設備、排気ダクトなどが含まれます。

特にビルや大型商業施設の場合は大規模な工事となるため、敷設や設置を行う際には経験とスキルが求められます。

 

空調配管の場合、空調設備に張り巡らされた配管の敷設と修繕が配管工のおもな作業内容です。
狭い空間での作業が多く、細かな部分に気をつけながら進めなければなりません。

プラント配管

大規模な工場や化学プラントの配管工は、通常の建物にある給排水管やガス管とは違った作業を行います。

プラントの配管を行う場合も、大規模な設備工事となることから経験とスキルが求められ、施工は資格も必要です。
プラント配管は大型の鋼管を使用するため、作業は複数人で行います。

 

配管工は知識や経験を必要とし、設計図にもとづき正確な作業を行わなければなりません。

プラントの場合、屋外での作業が多く、夏場の暑いとき、冬場の寒いときなど特に体力面でつらさを感じることもあります。

 

そのほかにも、高所作業となる場合には安全に十分注意して作業を行うなど、神経を使うこともあります。

危険物を取り扱うプラント、あるいは高温、高圧の液体を流す配管の場合は、不用意に周囲を触らないように気をつけなければなりません。

防災設備配管

防災設備配管工は防災設備に対する配管を行います。

ひとえに防災設備といってもさまざまな種類があり、その中でも水と関係する消防設備の配管を対象とします。
防災設備はビルや大型商業施設、公共施設、地下に設置され、火災発生時に送水するために配管は必須です。

 

よく見かけるのが火災報知機付きの消火栓で、こうした設備は防災設備配管工事によって設置されます。
配管を行う際には、強度、耐久性、防腐性の高いものを敷設しなければなりません。

配管工事の流れ

配管工事をする際の流れは以下のとおりです。

 

1. 配管の設計
2. 設計図・設置場所の確認
3. 配管の調達
4. 配管の切断・加工
5. 配管取り付けの準備
6. 配管取り付け
7. 配管のテスト
8. 配管支持金具の取り付け
9. 配管先の機器工事

 

配管工事は設計と現地調査が特に重要です。
設計と現地調査をしっかり行わなければ、いざ配管工事をしようとしたときに配管の取り付けがうまくいかず、作業の手戻りや遅延が発生するためです。

 

配管を取り付けたあと、配管に問題がないかテストや検査で問題がないか確認を行います。

このように、配管工事は取り付けるだけではなく、さまざまな工程を経て実施されます。

配管工事に必要な資格

配管工事を行う場合は、配管の資格が必要です。
知識がない状態で配管工事を行うことは極めて危険な行為で、特に上下水道の配管工事、もしくは公共施設の配管工事には資格が必要です。

 

配管工事に必要な資格には以下のものがあります。

 

・配管技能士
・管工事施工管理技士
・作業環境測定士

 

それぞれの資格について解説します。

配管技能検定

配管技能士は水道配管、ガス配管など配管に関するあらゆる知識と技能を持つ人が取得できる国家資格です。
中央職業能力開発協会(JAVADA)によって提供されている資格で、1級から3級まで分かれています。

 

試験は「建築配管作業」と「プラント配管作業」の2種類あり、それぞれ筆記試験と実技試験が設けられています。実技試験では製図から実際の作業まで幅広い技能を証明しなければなりません。

 

配管技能士の受験要項は以下のとおりです。

 

  1級 2級
受験資格 前提条件あり
申請方法 書面申請、オンライン申請
出題形式 〇×式、選択式(学科)

計画立案、製作(実技)

出題数 50問(学科)

2~3問(実技)

受験料 3,100円(学科)

18,200円(実技)

 

詳しくはこちらのホームページでご確認ください。

 

参考:中央職業能力開発協会(JAVADA) 技能検定のご案内

参考:厚生労働省 技能検定制度について

管工事施工管理技術検定

管工事施工管理技術検定は、配管工事の管理に関する国家資格です。

 

給排水用配管、ガス配管といった配管工事のほかに、空調設備工事やダクト工事など、配管に関係するあらゆる工事の施工管理、安全管理、技術指導を行える、配管工事の施工になくてはならない資格だといえるでしょう。

 

管工事施工管理技術検定の受験要項は以下のとおりです。

 

  1級 2級
受験資格 前提条件あり
申請方法 書面申請、オンライン申請
出題形式 四肢択一(第一次検定)

実地(第二次検定)

四肢択一(第一次検定)

実地(第二次検定)

出題数 73問(60問選択)(第一次検定)

7問(4問選択)(第二次検定)

40問(うち24問選択)(第一次検定)

6問(うち4問選択)(第二次検定)

受験料 10,500円(非課税)(第一次検定)

10,500円(非課税)(第二次検定)

詳しくはこちらのホームページでご確認ください。

 

参考:一般財団法人 全国建設研修センター 1級管工事施工管理技術検定

参考:一般財団法人 全国建設研修センター 2級管工事施工管理技術検定

給水装置工事配管技能検定

給水装置工事配管技能検定は、配管の中でも給水装置に関わる配管工事の資格です。

給水装置工事配管技能検定会に参加し講習を修了、もしくは合格した人が、この資格を所持できます。
水道配管から水道メーターに至る部分の工事を行うために必要な資格です。

 

検定は「全国標準検定(A)」「全国標準検定(B)」と「地域オプション検定」に分かれています。
「地域オプション検定」は、さらに「ダクタイル鋳鉄管配管」「ステンレス鋼鋼管配管」「甲型分水栓取付工法-Ⅱ」の3種類あります。

 

給水装置工事配管技能検定会の参加要項は以下のとおりです。

 

  全国標準検定(A・B) 地域オプション検定
受検資格 あり(事前審査)
申請方法 書面申請
出題形式 〇×形式(学科)

加工・組み立て作業(実技)

出題数 30問(学科)

数問(実技)

受検料 10,500円(非課税)(第一次検定)

10,500円(非課税)(第二次検定)

 

詳しくはこちらのホームページでご確認ください。

参考:公益財団法人 給水工事技術振興財団

まとめ

今回は配管工の仕事内容について解説しました。

 

配管工は、建築物、施設、設備などあらゆる場所で使われている配管の工事を担当します。仕事内容は配管の敷設、修繕、撤去です。

配管部品の組み立て・敷設のほか、場合によっては配管の加工も必要なため、経験やスキルを必要とします。

 

さらに、屋外での作業、狭い場所で作業を行うこともあり、簡単な作業ではありません。

配管工が担当する配管の種類は以下のとおりです。

 

・水道配管
・ガス配管
・空調配管
・プラント配管
・防災設備配管

 

配管工は技術スキルを求められるため資格が必要です。

必要な資格は以下のとおりです。

 

・配管技能士
・管工事施工管理技士
・作業環境測定士

 

配管工になるためには知識のほかにも、細かな作業が得意、作業時の環境が悪くても苦にならない、コミュニケーションが得意など、さまざまなスキルが求められます。

 

大変な仕事ではあるものの、それだけやりがいもあり、専門的な知識も身につく職業であるといえるでしょう。

もし、少しでも配管工に興味を持ったときには、資格取得などを通じて理解を深め、配管工を目指してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

管工事の実務経験で管工事施工管理技士になれる?資格取得の条件とは

管工事の実務経験で管工事施工管理技士になれる?資格取得の条件とは

配管工にやりがいを感じているなら、経験を生かしてスキルアップを目指しませんか? 国家資格である管工事施工管理技士は、建設現場には欠かせないため、たくさんの現場……

空調設備の仕事に将来性はあるの?業界の今後やおすすめの資格を解説

空調設備の仕事に将来性はあるの?業界の今後やおすすめの資格を解説

空調設備の仕事に興味があるけれど、将来性や需要の変化に不安があるという人も多そうですね。 空調設備は、人が健康で快適に生活するためには必要不可欠なものです……

配管工の人工とは?専門用語や目指す方法・年収についてまるっと解説

配管工の人工とは?専門用語や目指す方法・年収についてまるっと解説

「配管工の人工ってなんだろう?」 「配管工の仕事に興味はあるけれど、外での仕事が多くキツイのでは?」 「配管に関する知識がないと未経験では仕事ができないので……

給排水設備工事のいろはについて!工事内容やタイミングを解説

給排水設備工事のいろはについて!工事内容やタイミングを解説

あなたは「給排水設備工事」のことを詳しく知っていますか。 配管工事の一種ですから、配管工の仕事をしたことがない人には聞きなじみのない言葉かもしれません。 し……